理事会のご案内

東京代協の方針や活動は、東京代協総会で決定されます。
 
【一般社団法人東京損害保険代理業協会定款】

第20条 この定款においては、法上の定時社員総会を「通常総会」と、また法上の議決権を「表決権」という。
第21条 総会は、法令及びこの定款に別段の定めがあるもののほか、次の事項を決議する。
一 事業計画及び予算の承認
二 入会金及び会費の額並びに納入方法
三 前各号に掲げるもののほか、理事会が付議を決議した事項
その決定に基づき、自ら実行に移し、検証して次の行動に移していく大切な機関が理事会です。理事会を構成している理事は各支部の会員から選出され、会員の代表という重責を担っています。
 
【一般社団法人東京損害保険代理業協会定款】
第14条1項 本会に次の役員を置く。
一 理事 24名以上56名以内
  うち  会長    1名
  副会長  2名以上8名以内
  専務理事 1名以内
  常務理事 1名以内
二 監事  1名以上3名以内
第14条2項 法上の代表理事は1名とし、会長とする。
第14条3項 業務執行理事を専務理事及び常務理事とする。
第15条1項 理事及び監事は、総会において選任する。
第15条2項 理事は、正会員の中から選任する。
第15条3項 前項の規定にかかわらず、2名以内を正会員以外から選任することができる。
第15条4項 会長及び副会長は、理事のうちから理事会において選任する。
第15条5項 専務理事及び常務理事は、理事のうちから理事会において選任する。
第27条1項 本会に理事会を置く。
第27条2項 理事会は、この定款に別段の定めがあるもののほか次の事項を審議決定する。
一 総会の議決事項の執行に関する事項
二 総会に提出すべき議案に関する事項
三 総会から委任された事項
四 前各号に掲げるもののほか、本会の会務の運営に関し、会長が必要と認めた事項
第27条3項 会長、専務理事、常務理事は、毎事業年度ごとに4ヵ月を超える間隔で2回以上、自己の職務の執行の状況を理事会に報告しなければならない。

現在理事会は隔月開催されており、支部活動や委員会活動の検証・承認・提言を行なって東京代協の活性化と日本代協への橋渡し作業に取り組んでおります。(議事録参照)
会員の総意は理事会に反映され、その決定事項は支部役員等を通じて会員に伝達される事で東京代協が運営されています。
 
【一般社団法人東京損害保険代理業協会定款】
第9条 会員は、本会の事業活動につき、その便宜を受ける権利を有するとともに、この定款及び総会の決議に従う義務を負う。

理事会の活性化は支部の活性化と表裏一体となっており、ひいては日本代協の活性化と保険代理店業界の活性化に繋がります。どんどん、ご意見・ご希望を支部所属の理事にお伝えください。理事は会員の代表です!

▲このページの上部にもどる